新着情報

news

沖縄美ら海水族館最寄りのホテル【ロイヤルビューホテル美ら海】新着情報4/20〜ゆがふアートミュージアムvol.4「いるまんちゃー展~多様性は響き合う〜」

2022.04.18

お知らせ

イベント情報

4/20〜ゆがふアートミュージアムvol.4「いるまんちゃー展~多様性は響き合う〜」

ロイヤルビューホテル美ら海のロビーにて、下記の期間、『ゆがふアートミュージアムvol.4』を開催いたします。
今回は、医療法人博寿会 もとぶ記念病院の「風茶場(ふーちばー)&かいがらクラブ」様による『いるまんちゃー展~多様性は響き合う〜』となります。
作業療法室利用者の皆さんの個性あふれる作品と、ホテルラウンジから眺める美ら海の移り行く景色が混ざり合う瞬間をお楽しみください。

また、『ゆがふアートミュージアム』は、入場無料の展示会となりますので、お気軽に足をお運びください。

ゆがふアートミュージアムvol.4「いるまんちゃー展~多様性は響き合う〜」
期間 2022年4月20日(水)~5月19日(木)
場所 ロイヤルビューホテル美ら海 ロビー
入場料 無料
ゆがふアートミュージアム「いるまんちゃー展」開催にあたって

もとぶ記念病院では、精神疾患や認知症の作業療法のひとつとして造形表現活動を行ってきました。利用者と作業療法士が関わりながら(コラボレーション)作品を作っていきます。
そして、その過程を大切にしながら日々利用者と向き合っています。
「いるまんちゃー」沖縄の方言で「いる(色)」+「まんちゃー(混ざる)」色がごちゃ混ぜに混ざり合うという意味です。色彩豊かな作品という意味と、さまざまな疾患や年齢の利用者と作業療法士たち、そんな個性が混ざり合い作用しあっているのが作業療法の場であることを表現しています。
「いるまんちゃー」な場で生まれた「いるまんちゃー」な作品を楽しんで頂けたらと思います。
 

もとぶ記念病院 作業療法士 吉原 幸

 この度、当ホテルで医療法人もとぶ記念病院作業療法室 風茶場(ふーちばー)&かいがらクラブ利用者の皆様が描いたアート作品を展示できることを大変うれしく思います。
 今回出会えたのは、地元もとぶ町で描かれた野菜と魚といった自然をモチーフにした色鮮やかで個性豊かな作品達。ゆったりとした沖縄時間のなか、ラウンジに広がる美ら海の眺めとともにしばし時間を忘れてアート作品をお楽しみください。
 

ロイヤルビューホテル美ら海 総支配人 饒波 正仁

ゆがふアートミュージアム

ゆがふグループでは、ホテルや建設現場などで地域の子どもたちや高齢者、障害のある方などのアート作品の展示や紹介を行っています。
作家の方々、それを支援する方々、作品の鑑賞に来訪されたお客様、働く従業員、地域の皆さまが笑顔になれる仕組みづくり、住み続けられる街づくりを目指すアートプロジェクトです。

\ 「琉球新報」様、「沖縄タイムス」様にご紹介いただきました /

宿泊予約